サンキュータツオ BLのススメ

000

thankyou.jpg



サンキュータツオ

男子に捧げるBLのススメ 前編

インタビュー/久田悠 写真/藤森洋介


大学講師としての顔も持つ、芸人サンキュータツオ。大人気ポッドキャスト放送「東京ポッド許可局」のメイン局員の一人でもあり、オタクカルチャーを語らせれば恐ろしい鋭さで理路整然と周りを納得させる天下一の理詰め芸人が今、「男子」には語られることの少なかった「BL」を熱すぎるほど語る…!


ー今日は宜しくお願いします。今回は、芸能界一BLについて詳しいと思われる男性、サンキュータツオさんに、BLの魅力を「男子」に解りやすく教えて頂こうと思いましてインタビューを申し込みさせて頂きました。


サンキュータツオ よろしくです。


ーBL(ボーイズ・ラブ※1)雑誌は僕らが働いているコアマガジンからも出版されてまして、昔から読んでいたんです。最初は笑いながら読んでいたのですが、段々と…普通にときめいて読むようになったんですよ(笑)でも、その魅力や面白さを上手く同性には伝えられなかったんですよ…。


※1 ここでは「BL(ボーイズラブ)」男同士の恋愛を描いた漫画、小説作品を指す。


サンキュータツオ 僕も最初は、「なんなんだろう…」ってずっと思ってたんです、オタクの教養としては、その世界があるって知ってたんですよ。でも、頭では判っていても身体では判っていなかったです。語弊があるかもしれないですけど(笑)、でもある作品に出会って「こういうことだったんだ!」って、悟りを開いたように全てを理解したんです。見えてる世界が一日で全部変わったような…もう、言うならオセロが一度で全部ひっくり返えるぐらいの…経験でしたね。


ー開きましたね(笑)


サンキュータツオ いやホントに、チャクラ開きましたね。それから、この感覚を言語化したいな…と思って。理屈でBLを説明する試みをする腐女子の人がいなかったのもあったんです、基本的には自分のコミュニティの中で完結してればいいという人も多いので、人に対して素晴らしさを訴えようとするのも、あまりないんです。そういう必要もない場所ないし、こそこそ話すのが好きっていう人が多いので(笑)


ーなるほど…。それから布教を?


サンキュータツオ 僕、基本的には「萌え」が大好きなオタクなんです。男のオタクは「あのアニメのあの子が好き」とか「あの漫画のあの子が好き」とか、声高に色んな人に言って回って、自分の好きな作品を読ませたい! っていう面倒な性格を持ち合わせているものなんで(笑)


ー凄くわかります(笑)


サンキュータツオ 最初は戸惑ったんですよ。「一体どうしちゃったんだろう」って。なんで、あれだけ柔らかくてプニプニした女の子が好きだったのに、BLにキュンとしてるんだろう…って。そこで色々整理した結果、「萌え」を突き詰めた結果、「BL」にたどり着いたんだなって判ったんです。右翼すぎて左翼に行っちゃったみたいな感じで転向したんですよ。


ーあはははは(笑)


サンキュータツオ それは僕、オタクとしての成長…進化だと思ってますから。


ー熱狂的な人気を誇る「東京ポッド許可局」で放送された「BL論」で、「世の中で成功しているものにはBL要素が含まれている」という話がありましたよね? 僕たちも無意識に「BL」というものを、受け入れているのでしょうか。


サンキュータツオ 「BL」って多分、お砂糖のような「調味料」なんです。だから「BL」とラベリングされていないものの中でもいっぱい「BL」成分が入ってたりするものは多いんです。お砂糖を売りにしているもの=スイーツが「BL」なだけで。


ー肉じゃがは砂糖たっぷり入ってますけど、スイーツじゃないですもんね。


サンキュータツオ そう。それと同じなんだなって理解して、さらにその中で更に、「BL」の中でもセクシャルな肉体関係を描いたものと、人間関係を強調したものがあるんですね。一切性描写がないものから、性描写しかないものまでもの凄いグラデーションになってて、これを一概に語るのは非常に難しいんだな、と解ってきたんですよ。BLチャクラが開いてからは、ありとあらゆるBL作品を読んで、データをとにかく、たくさん取って、今ここまで到達した感じです。


ー「BL」をよく知らない男の人はゲイ漫画と混同してる人も多いと思うんですが。


サンキュータツオ 全然違います。でも、普通はそう見えますよね。僕がBLばかり読んでると、完全にゲイに間違われるんですよ。まず、そういう大きな誤解があるんです。そういう誤解を受けるっていうことを知らずに、BL好き!BL好き!言ってましたから(笑)

次を読む>>




400.png