再考非実在青少年規制_駕籠真太郎-仲村みう対談

000

kagomiu.jpg



連続特集 再考 非実在青少年規制

駕籠真太郎 × 仲村みう 

言い訳が上手になればセーフってことか

構成/福田信哉


2010年12月に都議会本会議において可決された「東京都青少年健全育成条例改正案」が、4月1日よりいよいよ施行となった。今回の施行においては自主規制のみが対象とされており、販売に対する規制は7月1日からとされているが、いずれにせよ、とうとう非実在青少年の皮膜に規制のメスが入れられたことには変わりない。すでに議論百出のこの問題ではあるが、施行を機に再び考えてみよう。今回の条例改正によって、なにが守られ、なにが危機に晒されているのか、またすでに条例が施行されたいま、我々がとるべき対応とは? 


連続特集「再考・非実在青少年規制」第三回の今回は、前回、前々回と趣が異なる「内側の視点」をテーマに、奇想漫画家・駕籠真太郎と元グラビアアイドル・元アイドル事務所取締役兼女優・仲村みうとの対談をお届けする。冒頭、駕籠氏の語るように「直接収入に関わる者」同士が語る規制への返答。当事者のホントのところはどうなのか、与太や酔狂じゃございませんよ。




ーこちらの対談が連続特集の第三回なんですが、前回、前々回のお二人がいわゆる批評家といわれる、ある種、外から評論、批判をする方にご登場頂いたんですが、今回は、表現活動をされている方の、内からのご意見を伺いたいというのが主な趣旨になります。


駕籠(以下、駕 まぁ、直接収入が減る可能性のある人間ってことですね(笑)


仲村(以下、仲) (笑)そう考えると恐ろしいですね。


ー(笑)そういうことですね。では、まずはこの一連の流れの中で可決前など非常に世間の関心が集った時期などありましたが、そこらへんはどう眺められてましたか?


 意外と何も考えてなかったといったらあれですけど(笑)今、実際に事務所の取り締まり役をやらせてもらってて、自分の後輩の売り込みとかもやってるんですけど、その後輩の中には高校生とかもいるわけで、どうやってやっていったらいいんだろう!? とは思いましたし、私個人はその手の漫画が結構好きで、同人とかが売られなくなっちゃう? とかも思ったし、私のお兄ちゃんが同人作家をやってるのでお兄ちゃんが食べていけなくなるの? とか、思って。


ーそこらへんの線引きは曖昧かも知れませんね。


 そう。そこらへんはっきりしてほしいな、と思いました。



正直、分かんないんですよね。その盛り上がった時期も含めてこれからどうなるかっていうのは分からない。だから結構、傍観して眺めてたっていうのはありますね。表立って批判してたわけでもないですし。


ー実際、当事者は傍観していて、そんなに関係ない人が騒いでいるというのはあるかも知れませんね。


 というか、今回に限らず、自主規制っていうのは結構あったんですよね。ぼくも、暴力的な表現がひっかかったとかで、決まっていた短期連載の予定がなくなっちゃっただとか今まであったんですよ。だから、今回の件もどうなるかは正直分からないですよ。


 それが怖いですよね。どうなるか分からないっていうのが一番怖い。


ーその、声高に批判している方なんかはどう思われますか?


 それは、言ってもらった方がいいですよ。言わないよりは言ってもらった方が。でも代表的に言ってらっしゃる、例えばちばてつやさんとか、秋本治さんとかはありがたいんですけど、直接実入りには響かないんだろうな、と。こち亀が連載中止とか絶対ないでしょうし。


 (笑)ないでしょうね。微妙なところにいる人が関係あるんですね。そう考えると、結構大変だ。


ーグラビアとかはどうなんですか?


 そうだ、今はあれですね。制服でガッツりっていうのはダメですね。昔はあった、制服の下に白のビキニでパンチラ風っていうは今はどこもやってないですね。水着でも、柄モノでもダメ。だから、スカートなしでワイシャツだけに、下が白の水着ならセーフって変なラインがあるんですよ(笑)スカートとネクタイがあったら制服に看做されるとか。でも制服に水着っていうのが出来なくなるっていうのは結構厳しいことですね。


 それは出版社の自主規制ですか?


 それと、コンビニがそういう写真が入ってるのは置かないっていうみたいです。


 それと似たようなことでは、ぼくも昔、ひとつの雑誌にセーラー服はダメだって言われたことありましたよ。セーラー服はダメだけどブレザーならいいと、ブレザーだったら普段着と言い訳できるから、と。だから書き方を変えてやればいいんだ、やり方次第なんだな、とは思いましたね。あと、ぼくの漫画だと割と暴力的な表現が多いんですけど、仮に女の子をナイフで殺そうとする場面があったとして、女の子とナイフを同時に書かないでくれと言われたこともありますね。ようするにそうすることでこれは別の場面でナイフと女の子は関係ないんだ、と言い訳できるからということみたいなんですけど、そう考えるとやり方次第で逆に表現の幅が広がってると考えられなくもないなと。


 へえー。そんなことでいいんですね(笑)言い訳が上手になればセーフってことか(笑)


 条例が曖昧なことを逆手に取って「見てくださいよ、やってませんよ」と言えば(笑)


ーでは、そういう法で表現を縛るような行為に関してはどう思われますか?


 うーん。そこらへんはほんとに古い頃だと、江戸時代の戯作家や鯰絵なんか書いた版画とかもそうですけど、表現で政府批判をしてたわけじゃないですか。漫画家ってそういう位置だと思ってるので、ある程度言われるのは仕方ないかな、とは思いますけども、果たして法的に規制されてそれが及ぼす影響っていうと分かんないですよね。だからはここは作家もそうですけど、やっぱり編集の立場の人がどーん、と立ち向かってもらわないとだめだと思うんですよ。


ーそうですね。ぼくたち、編集の立場の者が行う自主規制ってものが一番これから問題になると思いますので、可決された条例はありますが、その条例を超えて萎縮しないように線引きをしっかりして、しっかり考えていかないといけないですね。

次を読む>>



<このシリーズの他の記事>


宇野常寛/佐々木敦/駕籠真太郎×仲村みう



400.png