再考非実在青少年規制_宇野常寛

000

uno.jpg



連続特集 再考 非実在青少年規制

宇野常寛

彼らから僕らがモンスターに見えないように振る舞わなければならない

構成/辻陽介


2010年12月に都議会本会議において可決された「東京都青少年健全育成条例改正案」が、4月1日よりいよいよ施行となった。今回の施行においては自主規制のみが対象とされており、販売に対する規制は7月1日からとされているが、いずれにせよ、とうとう非実在青少年の皮膜に規制のメスが入れられたことには変わりない。すでに議論百出のこの問題ではあるが、施行を機に再び考えてみよう。今回の条例改正によって、なにが守られ、なにが危機に晒されているのか、またすでに条例が施行されたいま、我々がとるべき対応とは? 

連続特集「再考・非実在青少年規制」の第一回である今回は、00年代ポップカルチャー批評のバイブル的名著『ゼロ年代の想像力』の著者であり、批評誌『PLANETS』の編集長を務める宇野常寛氏をお招きし、「規制反対派がとるべき今後の戦略」についてお話を伺った。




?まず宇野さんは今回の都条例の改正、ことに非実在青少年への規制について、どういった印象をお持ちですか?



宇野 正直、なんで僕がこの話をするのか戸惑っています。つまり、もっとこの問題には詳しくて、ずっと戦ってきた識者の方がたくさんいると思うんですよね。だから僕にできるのは、少し引いた目線での意見をあえて話す、みたいなことしかないと思います。まず当然ですが、僕はこの条例に関しては反対です。一言でいえば、あまり事情をよく分かっていない人達が割かし適当な感じで作ってしまった条例だと思うんです。これはすでに色々な人が指摘していて、僕はこれには何も付け加えることはないです。


だから今回の話(当取材)もどうしたものかとは思ったんですけど、ただ以前ニコ生の番組に出た時に、自主規制の委員会の方も出演していらっしゃって、彼らから聞いた話によると、流通規制という言葉が疑心暗鬼を生んで、作家や編集者レベルで自主規制の空気がすごく漂っている、ということなんですね。それはもうむべなるかなといった感じではありますが、じゃあどうすればそういう疑心暗鬼みたいなものから自主規制へと入っていくという負のスパイラルを解除できるのかという話になる。それに関して、僕はある種の前向きな線引きみたいなものを時間をかけて実現していくしかないと思うんです。つまり、規制推進派、賛成派の人達の理解を得れるような形で前向きなゾーニングがされるということ以外に決着はないと思うんです。



?宇野さんは規制反対の上でのゾーニングは肯定なのですか?



宇野 ゾーニングには賛成です。まずは時間をかけて、日本のポップカルチャーの想像力というものの性質について、たとえばコミケなどにおいても膨大なポルノコミックの集積があって初めて「ひぐらし」や「東方」が出てくるのであり、いわゆるクールジャパンとか皆が言いたがっているものなどと完璧に地続きであるということを理解してもらう他にないと思うんですね。


ただその際に絶対に忘れてはいけないのが、彼らが僕らマンガ好きをモンスター化しているように、僕らまで規制推進派をモンスター扱いしていてはいけないということだと思うんです。もちろん今回の条例の発案の根底には、すごい適当な偏見があることは確かで、僕もそれは許し難いとは思うけれど、その一方でたとえば「書店のゾーニングがあまり機能していないのは困る」といった市民の声というのは少なからずあるわけなんですよね。しかしこの立場の人には少なからず、流通規制が事実上の表現規制として機能してしまう現状を何とかしたいという主張に同意してくれる人がいると思うんですよ。と、いうかその辺から切り崩していくしかない。ですから、そういった人達を軽視せず、アクティブに表現者を萎縮させないゾーニングの方法というのを考えていくことが必要なんです。



?今後、反対派はどのように振る舞っていくのが賢明なのでしょうか?



宇野 今回の規制条例に関する一連のネット上での騒動に関して言うと、「ある種の無理解と偏見のために表現の自由が犠牲にされそうだ」という危機感で祭りを起こして、広く問題を共有させるということに関しては、まずは成功したと思うんですよね。まぁ条例は通ってしまいましたけど。では今後はと言うと、静かで専門的な戦いにフェイズが移ってゆくと思うんです。そういった時に僕らが視野に入れなければいけないのは、本来味方につくかもしれない規制賛成派にどういう言葉を届けるか。つまり今後は推進派をどれだけ取り込んでいけるかという地道な陣地戦になってくるんです。


その時にすごく重要なことは、僕らが彼らをモンスター扱いしないということと同時に、彼らから僕らがモンスターに見えないように振る舞わなければいけないということなんです。だからこのタイミングでのネット上のネガティブキャンペーンとかは逆効果なんですよ。相手の発言の揚げ足をとってそれをネタに騒ぎ立てるとかではなくて、より説得的なコミュニケーションというのを考えていかなきゃいけない。必ずしも祭り的なコミュニケーションだけが正解じゃないんです。と、いうかそういうタイミングがある。



ーやみくもに反対するのではなく、冷静で落ち着いた対応をしていかなければならないということでしょうか?



宇野 問題はある種の表現に不寛容な人達が寛容な人達の表現や行動を邪魔しなくて済む環境を作ることだと思うんです。僕らの考える正義と彼らの考える正義とが共存できるような仕組みとルールを模索する。根源的な解決を求めるがあまりに、今そこそこのコストで打てる有効な手を見過ごすというのは避けたいですから。地味で粘り強い戦い方が必要になっていくんだと思います。



宇野常寛(うのつねひろ)

批評家。1978年生。批評誌〈PLANETS〉編集長。著書に「ゼロ年代の想像力」(早川書房)。共著に更科修一郎との時評対談集「サブカルチャー最終審判 批評のジェノサイス」(サイゾー)。近著に「母性のディストピア(仮)」(新潮社)など。



<このシリーズの他の記事>


宇野常寛/佐々木敦/駕籠真太郎×仲村みう