面影ラッキーホールのけだものだもの 23

000



00keda.jpg




日本現代歌謡が忘れてしまった「もののあはれ」を一身に引き受け、

孤高の音楽活動を続ける音楽集団・面影ラッキーホール。

その過激な表現内容から、これまでハイメディアからは黙殺されてきた彼らの、

史上初となる活字連載の試み。

他人には話せない身の下のお悩みに、面影ラッキーホールが曲をオススメしつつ答える。




第23回



面影ラッキーホールのバンドリーダーSinner-Yang氏とボーカルのaCKy氏をお迎えしお送りする当コーナー。夫婦間における「セックスレス」と「3年目の浮気」について。






28歳主婦です。結婚4年目なのですが、セックスレスで悩んでいます。最初は私の方からアプローチをかけていましたが、さらっとスルーされており、気づけば1年以上も夜の夫婦生活がありません。とは言っても、お互い不倫などをする気配も、するつもりもありません。基本的には仲がいいのですが、将来を考えると不安です。女として枯れるには若すぎると思っています、何かいい解決策はないでしょうか。

(福井県 28歳 もりのくま)





ー本当にセックスレスの夫婦は増えているみたいですね。特に、「仲は良いけどセックスレス」というタイプを最近よく聞きます。


S 先日、大手コンドームメーカーの広報さんとお話する機会があったんですよ。まぁ、世の中景気悪いっていう話するじゃないですか。でも、こっちの勝手な想像だと、性教育はどんどん進んでいるし、避妊はちゃんとしなきゃいけないっていう倫理面の教育とか、性病は恐ろしいっていう啓蒙活動は進んでいるから、コンドーム業界は景気良いと思ってたんですね。


ーなるほど。


S でも、広報さん曰く、もの凄く消費は減ってるって言うんですね。確かに、僕の考えた通り、世の中の啓発は進んでいるらしいんですが、それ以上にセックスの人口が減っちゃって困っているらしいです。いわゆる「草食」問題が、本当に頭が痛い、と。


ー経済活動が滞ってますね(笑)


S だから、彼等の業界はどうやって若者にセックスをキャンペーンしようか、って考えているっていう話をしていましたね(笑)


A 日本は世界でも希に見るほどセックスしていないらしいからね。


S え? そうなの。


A ブラジルとか凄いと思うよ(笑)


ー日本は変態性が凄く高い国家なのに、セックス回数は少ないし、性への野獣的な勢いがない、という変な感じになっちゃってますね。


A それも進化な気もするけどね(笑)


S 「バーバレラ」※1 みたいな(笑)


※1バーバレラ…フランスの人気コミックが1968映画化。SFエロティック映画として一世風靡する。


A 結婚して毎日一緒に居たらしなくなるのも解るけどね。


S きちんとした実験データが載っている文献を読んだんですけど、確か結婚して3年目以上になると急激に相手に対しての性欲って落ちるらしいんですよ。だから「3年目の浮気」って、割と検証されてるんですよ(笑)。


A 旦那としたいのか、それとも他の男でもいいのか、どちらなのかが重要だね。


S 倫理的に、「結婚したからにはセックスする相手は旦那でないといけない」と思っているだけかもしれないですし。


ー 一般的な理想の夫婦はセックスも定期的に行っている。という固定観念があるかもしれないですね。


S 固定観念! 確かにこの質問者は固定観念の人かもしれないですね。28歳=女として枯れるには早い、と言っているところも含めて。だって、大竹しのぶさんは、今だって「女として枯れるには早すぎる」って思ってるんじゃないかなぁ(笑)。


ーあははは(笑) 


S 女性誌には30代、40代と年代別に「理想の女性の生き方」って提案されてますけど、ないですから。そんなものは(笑)パーソナルな話じゃないですか、だって。


A だからさ、ちょっと色々やってみればいいんじゃないかな。まずは旦那さんとの間でスパイス的なものを試してみてもいいと思う。浮気を匂わせてみるとか。


S そういえば、不倫の気配はお互い全くないって質問者は言ってるけどわかんないよね(笑)。旦那さんが役者なだけかもしれないですし。


ーですね。同じ男としては、そう思ってしまいます。


S だって、身を切って答えるなら、うちの奥さんだって、ある時期までは彼女と同じく「不倫の気配はない」って答えてたと思うよ!(笑)


ーある時期まで、ですか(笑)


A あはははは(笑)


S こんなコトまで答えるんだから! 親切だよなぁ…俺(笑)


ーあはははは(笑)


A まぁ、夫婦同士のセックスの誘い方っていうのは、結構デリケートなものだから難しいよね。


ーそうですね。緊張感がない分、逆に難しいというか。


A 旦那さんの性的趣味を探りつつ、どんなものにムラッとくるのか知ってないと。あとは…


ーあとは……?


A エビオス錠を飲ますとか。


ーあははは! 亜鉛ですか(笑)


S マカとかね(笑)


ー物理的に精を溢れさせる気ですか(笑)


A まぁ、夫婦の営みがなくなるに至ったのは、旦那さんだけに問題があるんじゃなくて、夫婦の問題ですからね。お互いに影響し合ってるんだから。それを、一つ一つ考えてみれば良いんじゃないかな。


S もの凄く真っ当な答えをしたね(笑)


A あははは(笑)。それでダメなら他の男の方で試してみればいいんじゃないでしょうか。


ーいつも思うのは、結局こういう問題って、やはり男と女のマッチングミスなんでしょうか?


S いや、俺はマッチングミスとは思わないよ。マッチングにミスもクソも無いですよ。全ては偶然で、その偶然の出会いをどういう関係にしていくかどうかは相互努力ですよ。質問者から夫にアプローチを試して、スルーされて、そこで諦めてたら進まないですよ。


ー確かにそうですね。


S もう、鳴かぬなら、殺すか、鳴かせてみるか! ですよ(笑)。


ー社会的な常識や、社会が作った世代的な理想に囚われずに、自分自信の欲望に忠実に、ということですね。曲は何を贈りましょうか。


A 中森明菜の「少女A」を贈ります(笑)。


S 私は私よ関係ないわ、ですよ(笑)