面影ラッキーホールのけだものだもの 25

000



00keda.jpg




日本現代歌謡が忘れてしまった「もののあはれ」を一身に引き受け、

孤高の音楽活動を続ける音楽集団・面影ラッキーホール。

その過激な表現内容から、これまでハイメディアからは黙殺されてきた彼らの、

史上初となる活字連載の試み。

他人には話せない身の下のお悩みに、面影ラッキーホールが曲をオススメしつつ答える。




第25回



面影ラッキーホールのバンドリーダーSinner-Yang氏とボーカルのaCKy氏をお迎えしお送りする当コーナー。イリーガルな性的願望を持ってしまったらどうしたらいいのか。貴方の性癖はどうですか?






性的嗜好がことごとく法に抵触します。今のところ、自分の嗜好に合ったファンタジー作品などを観てお茶を濁してますが、いつか堰(せき)が切れる のではないかと思うと不安です。また、そういった欲望を抱いてしまった人間はどう振る舞えば良いのでしょうか。

(28歳・東京都・小次郎)





A 実際に法を犯す人はこういう風に悩まないと思うけどね(笑)。俺はそういう欲望はないなあ。





S 俺はあるね。法的な制約がなくて自由だったらやってみたいことだらけ。





A どんな?



S 例えばさ、俺ん家にヴィンテージのギターがずらっと並んでるじゃん、あんな感じでヴィンテージの女性をずらっとディスプレイしたい(笑)





A え…ちょっと待って…ちょっと待った!(笑)





ーヴィンテージギターのように!(笑)


A 生きたまま飼うってこと?


S そう!


A でも、生きてるんだから、おしっこもウンチもするよ? それでもいいんだ?





S そこは子供の頃を思い出してさ、お母さんに「僕が絶対面倒見るから! お願い! 飼っていいでしょ!」ってその場さえしのげば、後は結局お母さんがやってくれるじゃん(笑)





ー僕、小さい頃そう言って犬を拾いました(笑)


S でしょ。母親が亡くなっても、未だに基本的なスタンスはコレですから、俺は(笑)


A そっかぁ…、俺そういうのないなぁ。


S あとね、小学校の頃からの夢なんだけど、女の人でできた布団で寝ること!(笑)


ー肉布団ですね。





A それは、別に法に触れなくてもできるんじゃないの? お金があって、受けてくれる人を探せば…





S それは違うんだって!





A あ、無理矢理なんだ(笑)





S そう! お金出して叶えても駄目なの! そこは、やるなら法に触れたいんだもの(笑)


ーこの連載を今回初めて読んだ人は、どんだけサイコな人たちなんだ!って思うかもしれないですね(笑)



S そもそも「どうせお母さんがやってくれる!」 ですからね。社会人が言うことじゃないですよ(笑)。





A うん(笑)





S でも、この質問者が言う自分の性癖に合ったファンタジーっていったい何なんだろうね。





ーロリータ偏愛とかなんでしょうか。もしくはエロ漫画、エロアニメ的な性嗜好かもしれません。


A ………宮崎アニメかもよ(笑)





ーそれは…!



S どっちの宮崎だ、っていう話だけど(笑)





ー国民的な方であって欲しいです!





A どっちも国民的だけどね!





ー確かに!





S 僕もこの質問者も基本は同じだと思うんですよ。でも質問者が言う「堰が切れるんじゃないか」と不安になったことはないですね。欲望に対する堤防が壊れることは無いと確信してます。それは何故かって言うと、「やれない、できないことだからこそやりたい願望」っていうのをどこかで理解してるからなんだと思いますよ。





ーもしかしたらこの質問者の言う性的願望というのは、頑張れば踏み越えてしまう距離にある願望なのかもしれないですね。


A そうかもね。彼が想い焦がれる対象は、もの凄く近くて、もの凄く遠い存在なのかもしれないね。





ー女の裸を見る、という結果は同じかもしれないけど、そこまで辿り着く過程は人によって全然違いますもんね。人によっては、その過程に問題が生じるけど、そこを重要視する人もいるわけで。


S この人は俺達のPVにも出てくれたマーシーに似てるのかもしれないね。





ーこういう願望を持ってしまった人は結局、どうしたらいいんでしょうか。


A 世界に目を向けるのもいいんじゃん。国によって法は違うわけだから。


S 法を犯したくないわけでなく、パニッシュメントを受けたくないってことでしょ? 倫理の問題で悩んでいるならどうにもならないかもしれないけど、法の縛りで悩んでいるなら、世界規模で考えれば必ずなんとかなりますよ(笑)。





ーそうですね。


S 「こういった欲望を抱いてしまった人間はどう振る舞えば良いのか」という質問ですが…80年代後半の大洋ホエールズに中山裕章というピッチャーが居たんですよ。彼は開幕投手にも選ばれたほどだったんですが、そのプレッシャーからなのか幼女相手にイタズラを繰り返していて逮捕されてしまって、プロ野球界を追放されるんですよ。当時は凄く騒ぎにもなりました。でも数年後に中日に拾われて、敗戦処理投手としてカムバックしたんですよ。





ー復帰できたって事はそれだけのピッチャーだったということですね。





S これはね、勇気あるなぁ、って思いましたね。野球における観衆の野次っていうのは皆さんお察しの通りで、登板すると「この変態野郎!」っていう言葉が彼に容赦なく浴びせかけられるんですよ。それに耐えながら負け試合に投げてる姿に凄く感動したんですよね。あの覚悟は本当に凄かった。今でもその点は尊敬してますね。





ー知らなかったです。


S 昔ね、取引先が大ミスをして、僕の野球好きを知ってる相手側が、「何でもお好きなカード10枚選んで下さい」ってお詫びにカルビープロ野球チップス のカードを大量に持ってきたんです。そこからから選んだのも大洋のエース時代の中山でしたね(笑)。勿論激レアですよ。選んだ瞬間、相手は「アッ」って泣きそうな顔したんですが(笑)





ー好きだったんですね。取引先の方も(笑)





S こういう性癖というのは、コンセンサスを取るのが嫌なんでしょうね。取って、成し得ても、それはもう真逆のベクトルと言っていいほど意味が違ってしまうのかもしれない。





ー実際、病的なサディズムというのは了承をとって満足を得られるものではないですよね。


S だから質問者にはね、まずは地球規模で自分の性癖を考えて欲しいし、万が一もし踏み越えてしまっても、中山投手のように誹謗中傷覚悟の上で、また帰ってこいとしか言いようがないですね(笑)。





ーいい話ですね(笑)。この方には何を贈りましょうか。


S 定番の「監獄ロック」を。ブルースブラザーズの演奏するヴァージョンで! 先月亡くなった先輩がダン・エイクロイドが来日したときにエスコートを仰せつかったんですよ。そしたらわざわざ自分の付き合ってた彼女をあてがってヤラせたんですよ! そんで「これで俺もブルース・ブラザーズだぜ!」って・・・。


ーこれもいい話ですね(笑)








400.png