けだものだもの

000



00keda.jpg




日本現代歌謡が忘れてしまった「もののあはれ」を一身に引き受け、

孤高の音楽活動を続ける音楽集団・面影ラッキーホール。

その過激な表現内容から、これまでハイメディアからは黙殺されてきた彼らの、

史上初となる活字連載の試み。

他人には話せない身の下のお悩みに、面影ラッキーホールが曲をオススメしつつ答える。





第8回



面影ラッキーホールのバンドリーダーSinner-Yang氏とボーカルのaCKy氏をお迎えしお送りする当コーナー。今回の悩みはちょっと難しくないか!?いろいろと! と考えつつも、お二人の答えは流石でした!

結婚を前提に付き合っている彼女がいるのですが、ひとつだけ問題があります。彼女は家ぐるみで某有名国際宗教団体の熱心な信者で、むこうのご両親が結婚するならば改宗を条件としていることを彼女づてに聞かされています。彼女はそれほど熱心な信者ではないのですが、小さい頃からの刷り込みもあってか、選挙時期になると、さりげなく某政党に投票するように促してきます。彼女のことは好きですが、そればかりは受け入れられず、最近は会うと喧嘩ばかりしています。どうすればいいですか?

(愛知県 三味線は猫である 30歳)



S あのー…僕、キチガイと付き合ってたことがあるんですよ。まぁ、基本的に付き合うのはみんなキチガイなんですけど(笑)その彼女が質問者と同じところに入信したんですよ。もの凄く熱心な信者になっちゃった。

ー知らなかったんですか?

S わからなかった。僕が内心馬鹿にしてるのを皮膚感覚で気づいていたみたいで。判ってからは、会うとこの質問者と同じように会うと喧嘩ばっかり、っていうわけじゃなかったけど、○○○○の話になるとやっぱり揉めるんですよ。○○先生は立派な人で、あらゆる生けるもの全てにとって~、みたいな話をし始めるんですよ。じゃあ、「お前は何ができるんだ」って聞くと、教えられたことを唱えるだけ、って答えるんですよ。「唱えるとどうなるんだ?」って問いつめると、心が統一されて無心になれるって言うんですよ。

ーなるほど。

S そこで手マンですよ(笑)

ーあはははははは(爆笑)

S でね、唱えさせながら手マンして、アーンッ!ってなるじゃないですか、そこで「馬鹿野郎! 全然無心になってないじゃねぇか!」って言うと、ごめんなさい!ごめんなさい! って言うんですよ。それが楽しかったですね。目を瞑ると尼僧が見えるんですよ。剃髪の。

ーそれは萌えますね(笑)

S そういうふうに楽しんで行けばいいと思いますよ。

A 結婚して、自分がどうなるかを想像すれば、別にいいんじゃないの、ってなるんじゃないかな。

ー便利なこともあるかもしれませんしね。

S あと、友達でどうしてもヤリたくて入信した奴とかもいるけどね(笑)

A 自分がハマってしまうのが恐いのかもしれないね。

ーだから身構えているのかもしれませんね。

A 大丈夫なら問題ないよね。恐くない。

ー適当に、甘い汁だけ吸うぐらいの気持ちで(笑)

S 甘い汁とか、スパイシーな汁を(笑)

ー尼さん幻想セックス(笑)ちょっと脳をスライドさせると途端に楽しくなりますね。

A 結構前の話なんだけど、友達の妹の話なんだけど…高卒の子で、凄い小さい仕事場で働いていたのね。いつも上司と2人ぐらいで働いてたのね。楽しい職場だったらしいんだけど、そこの上司がいきなり「俺たち付き合ってるよね」って言ってきたのね。性的な関係じゃなかったんだけど、朝から晩まで一緒にいるし、ご飯もよく食べに行くから、そういう感じになっちゃったらしいのね。

ーそれは困っちゃいますね。

A 彼女もせっかく就職した職場だし、それがなければずっとここで働きたいと思って、「この関係が付き合ってるっていうなら、付き合ってるって思わせとけ」って乗り切ったらしい(笑)

S コロンブス的な考え方だよね(笑)

ー質問者は物事を真っすぐにとらえ過ぎなのかもしれないですね。

S オススメ曲はじゃがたらの「もう我慢できない」心の持ちようさ(笑)




ー名曲ですね(笑)




面影ラッキーホール 
Sinne-YANG (しなーやんぐ) 面影ラッキーホールのバンドリーダー、ベーシスト。
ACKY(あっきー) 面影ラッキーホールのボーカル。
面影ラッキーホール Official Site


■「けだものだもの」はあなたの身の下のお悩みを募集しております。「包茎に悩んでる」「変態性欲に悩んでる」「彼女の体臭に悩んでる」など、他人にはちょっと話しづらい悩みを面影ラッキーホールに相談してみませんか? 相談内容、ペンネーム、年齢、居住地域を明記の上、下記のメールアドレスまで応募ください。
vobomagazine@gmail.com


次の回を読む>>




400.png