北原みのり ?コイトゥス再考? 取材後記

000


<<インタビュー本編



取材後記


フェミニストが嫌いだった。

より正確には、フェミニストという存在がもつ漠然としたイメージに、ずっと苦手意識を抱いてきた。

出来る事ならば「絡みたくない」と思ってきたし、「絡まれたくない」と思ってきた。

その主張の内容やイデオロギー云々というより、彼女達の存在そのもの、また彼女達が放つ過剰なまでのノルアドレナリンを怖れていた。

要するに僕は、彼女達が一体何に苛立っているのか、一体なぜそんなに怒っているのか、これまでまるで理解ができないでいた。

一方で、僕はフェミニストとは一体どんな人間をさす言葉なのかさえ知らなかった。もちろん歴史的背景ぐらいは知っていた。そんなことは少し調べればすぐ分かる。だが、僕が怖れ、時に嫌悪の眼差しを向けてきたフェミニストとは、「女性解放論者」という分かりやすい肩書きなどではなく、もっとおどろおどろしい記号的な怪物だった。

そもそもフェミニストというだけで、「彼女」という人称を用いること自体、無知と偏見の誹りを受けかねない。フェミニストは女性に限られた立場じゃない。それは百も承知だ。だが、フェミニストに「彼」という人称を用いることは、僕にとってリアリティのないことだった。「彼女」という響きのもつ異質性こそが、そこにはしっくり嵌るように感じていた。


さて、ここまで全て過去形によって書いてきたが、「じゃあ今は違うのか?」と問われれば、北原氏の著作を読み、また実際にお会いし話を聞いた今でも、実は大して変わってはいない。相変わらず、僕はフェミニストに対して苦手意識を持っているし、この先も持ち続けるだろうと思う。

だが、意識に変化はあった。北原氏の話を聞く中で、少なくとも僕がフェミニストを苦手としている理由は見えてきた。

主義主張が自分のものとは異なるからか? それもある。だが、重要なのはそこじゃない。

北原氏は、フェミニズムとは一種のシスターフッド的なものであり、またフェミニストであることとは「声をあげ」「怒る」こと、つまり一つの社会との関わり方であると言う。

ではフェミニストではない僕にとって、フェミニズム、そしてフェミニストとは何か。

結論から言おう。フェミニストではない「僕たち」にとって、フェミニストとは、いわば鏡のような存在なのである。

僕たちが気付かぬうちに養っていた無関心や鈍感さ、あるいは無意識の権威主義を、フェミニストという鏡は無惨にも照射し、徹底的に抉り出す。これまでなら「まぁまぁ」と事なかれ的にやり過ごすことのできたことも、彼女達の前では許されない。彼女達は微笑を交えながら「それっておかしくない?」と王様が裸であることを告げる。

当然、「まぁまぁ」派としてはたじろがずにはいられない。そして呟く。

まぁまぁ。 

ところで僕はこの国の「まぁまぁ文化」が嫌いじゃない。それは、この国が長い歴史の中で培ってきた一つの知恵だとも思うし、それに、この国の豊饒なエロ文化はこの「まぁまぁ」的価値観なくしては成立しえなかっただろうとも思う。

だが同時に、それは決定的な他者を欠いていたこの国だからこそ育むことのできた価値観なのだとも思う。人々が「まぁまぁ」で通じ合えるということは、確かにとても心地のよいことである。なにしろ楽だ。多少の過誤や不祥があったとしても、「まぁまぁ、明日は我が身ですし」と、たちまち緩い共犯意識が浸透し、ぼんやりとその場の秩序は維持される。とても平和である、が、そこに他者はいない。いるのは他者の顔をした無数の自己の分身である。

その点、フェミニストは突如として出現した他者である。そして、他者とは即ち鏡なのだ。

サルトルの「他者は地獄だ」という言葉を引き合いに出すまでもなく、他者とはとかく厄介な存在だ。なんせ伝家の宝刀「まぁまぁ」が通じない。それは心地良い安眠をけたたましく破壊する目覚まし時計のように煩わしい。アルファー波は突如として遮断され、脳内では青班核が騒ぎ出す。目を開けるとそこには殺伐とした世界が待っている。

だから僕はフェミニストが嫌いだ。隠し持っていた「まぁまぁ=マチズモ」を執拗に暴き出されているようで。そりゃいつまでも惰眠を貪るつもりもないけど、不意な目覚ましは心臓に悪い。だから、出来る事ならば今後も「絡みたくない」し、「絡まれたくない」。

ただ、これだけは言っておかなければならない。確かに僕はフェミニストが嫌いだ。だが、もしフェミニストを駆逐してしまおうとするような社会があるのだとしたら、そんな社会の方が、僕はよっぽど嫌いである。それがどれほど艶かしい淫夢であれ、覚めることがないのであれば、それは悪夢というものだろう。


(文/辻陽介)