都築響一 妄想芸術劇場 第十三回

000

tuzukirogo.gif



写真が瞬間芸だとすれば、イラストは独演会だ。

観客ゼロの高座で2時間、汗みどろで語りつづける脳内の発情ランドスケープだ。

写真ページの添え物とさげずまれ、アートともイラストレーションとも漫画とも

認知されないまま、ひっそりと増殖する陰花植物。

欲情の、淫夢の、妄想のもっとも純粋なあらわれとしての、マイクロ・ニルヴァーナ!






# 1 3 ハ リ マ オ 2


先週、今週の2回にわたってご紹介する「ハリマオ」氏。ニャン2創刊時代から、現在まで20年間以上、途切れることなく作品を送りつづけてくれる、伝説的投稿イラスト職人のひとりである。


先週の「運動もの」編で書いたように、ハリマオのテーマはハードなSM,露出系でありながら、そこに悲惨さはまったくない。それどころか、どこかプレイをエンジョイしているような、積極的な気配すら感じられる。今回ご紹介する「芸能もの」にも、それはそのまま当てはまる。


あえて名前は挙げないが、ハリマオお気に入りのタレント、女優たちが何度も何度も、執拗に登場させられ、さまざまな辱めを受ける・・・それは電波を触媒にした、飽くなき妄想のバリエーションである。






_DSC3701.jpg


_DSC3702.jpg


_DSC3704.jpg


_DSC3706.jpg


_DSC3711.jpg


_DSC3712.jpg


_DSC3714.jpg


_DSC3716.jpg


_DSC3718.jpg


_DSC3720.jpg


_DSC3722.jpg


_DSC3726.jpg


_DSC3727.jpg


_DSC3732.jpg


_DSC3735.jpg


_DSC3738.jpg


_DSC3739.jpg


_DSC3741.jpg


_DSC3744.jpg


_DSC3751.jpg


_DSC3754.jpg


_DSC3756.jpg


_DSC3760.jpg


ハリマオ001.jpg


ハリマオ002.jpg


ハリマオ003.jpg


ハリマオ004.jpg


ハリマオ005.jpg


ハリマオ006.jpg


ハリマオ007.jpg


ハリマオ008.jpg


ハリマオ009.jpg


ハリマオ010.jpg


ハリマオ011.jpg


ハリマオ012.jpg


ハリマオ013.jpg


ハリマオ014.jpg


ハリマオ015.jpg






ハリマオ016.jpg
ハリマオ017.jpg
ハリマオ019.jpg
ハリマオ020.jpg
ハリマオ023.jpg
ハリマオ024.jpg
ハリマオ028.jpg
ハリマオ029.jpg
ハリマオ036.jpg
ハリマオ037.jpg
ハリマオ038.jpg
ハリマオ039.jpg
ハリマオ040.jpg
ハリマオ041.jpg
ハリマオ042.jpg
ハリマオ043.jpg
ハリマオ044.jpg
ハリマオ047.jpg




都築響一
1956年、東京生まれ。現代美術、建築、写真、デザインなどの分野で執筆活動、書籍編集。93年、東京人のリアルな暮らしを捉えた『TOKYO STYLE』刊行。96年、日本各地の奇妙な新興名所を訪ね歩く『珍日本紀行』の総集編『ROADSIDE JAPAN』により第23回木村伊兵衛賞を受賞。 97年〜01年『ストリート・デザイン・ファイル』(全20巻)。インテリア取材集大成『賃貸宇宙』。04年『珍世界紀行ヨーロッパ編』、06年『夜露死苦現代詩』、『バブルの肖像』、07年『巡礼』、08年『だれも買わない本は、だれかが買わなきゃならないんだ』、10年『天国は水割りの味がする~東京スナック魅酒乱~』など著書多数。現在も日本および世界のロードサイドを巡る取材を続行中。






400.png