都築響一 妄想芸術劇場 第十九回

000

tuzukirogo.gif



写真が瞬間芸だとすれば、イラストは独演会だ。

観客ゼロの高座で2時間、汗みどろで語りつづける脳内の発情ランドスケープだ。

写真ページの添え物とさげずまれ、アートともイラストレーションとも漫画とも

認知されないまま、ひっそりと増殖する陰花植物。

欲情の、淫夢の、妄想のもっとも純粋なあらわれとしての、マイクロ・ニルヴァーナ!






# 1 9 ア ポ ロ 1


アポロがニャン2倶楽部の誌面に初登場するのは1993年。掲載された作品は単色のラフなスケッチだったが、それから数年のうちにめきめきと腕を上げ、現在にいたるまで投稿を続けている、大ベテランのひとりである。


アポロの作品の楽しさは、ひとコマ漫画ふうのテイストにある。一枚の中にツッコミからオチまでが組み込まれたその作風は、実話雑誌のページが似合いそうな独特の雰囲気だ。そして題材がほとんどテレビ番組やタレントであることから、かなりのテレビ通であることが察せられるし、それはまた彼のライフスタイルを暗示するものでもあろう。


最近ではそのユーモラスな作品世界から一歩進んで、キュビズム時代のピカソまでをパロディにした大胆なシリーズに挑戦しているアポロ。今後の展開が気になるアーティストである。


20年間近くにわたって投稿された膨大な作品を、それでは今週、来週の2回にわけてご紹介しよう。






アポロ001.jpg

★「エロニカ」性術の秋?



アポロ003.jpg

★「よがる女」性術の秋?



アポロ005.jpg

★温泉には裸で入ろう?



アポロ007.jpg

★男のあこがれの星?



アポロ009.jpg

※ホント、インタビューに答えてる本人見てて、バカだなーと思った! 10代、20代なら苦笑ですませられるけど! ネ?



アポロ011.jpg





アポロ012.jpg

★面接で、ひとはだ脱ぐ?



アポロ014.jpg

★ナメナメ



アポロ016.jpg




アポロ017.jpg




アポロ018.jpg




アポロ019.jpg




アポロ020.jpg

★女は、存在だけで、経済価値がある。



アポロ022.jpg




アポロ023.jpg




アポロ024.jpg




アポロ025.jpg

★ブブカよ、真実を報道していってくれ! ガンバレ!



アポロ027.jpg

※細川ふみえ、ダンナなる男は、逮捕なるわ、一体この先、どうする気分? 何か? 巨乳にふりまわされてきた人生だな…!



アポロ029.jpg

★女の子がはじめてアルコールを知る…時か?




アポロ031.jpg

●絶対ヌーブラつけてる女はHですぜ!



アポロ033.jpg

★ついにか…、これで、こころおきなくロケット乳を毎日もみまくれんだろうな…パロディAVつくってほしいな? 「エース! ロケット乳をねらえ!」とかね?



アポロ035.jpg

★くやしかったら脱いでみろ!



アポロ037.jpg

★男の先生ばかり、セクハラやなど、せめられて、女の先生も、みだれてるじゃないか? せめてやれ!



アポロ039.jpg

★超A級のレイプ魔?



アポロ041.jpg




アポロ042.jpg




アポロ043.jpg

★女って生物はどうしたって「金」になるようになってるんだな…。




アポロ044.jpg

★女って生物はどうしたって「金」になるようになってるんだな…。




アポロ046.jpg

今昔東西のエロ映画のオマージュの映画を、アクションと+して、タランティーノ映画にしてほしいな!




アポロ048.jpg




アポロ049.jpg

★女は盗撮されるものヨ! カベに耳あり、あそこにしまり無し!



アポロ051.jpg

★夏こそオンナ!



アポロ053.jpg

★ビキニのグラビアガール特集してほしいです!



アポロ055.jpg

★去年に女子生徒にワイセツ事件でつかまった教師は過去最高だそうな…。



アポロ057.jpg

★あのニコルソンとSEXして、子供つくった事がホラーだ!



アポロ059.jpg

★女って生き物は、やせる為には、はじもがいぶんもない!




アポロ061.jpg

★セクハラ男の自己主張のーっだ!



アポロ063.jpg




アポロ064.jpg




アポロ065.jpg

●そら10代で、あの巨乳の味を知ったら、わかれられんやろね…。
★やっぱりね! そうだよね!









都築響一
1956年、東京生まれ。現代美術、建築、写真、デザインなどの分野で執筆活動、書籍編集。93年、東京人のリアルな暮らしを捉えた『TOKYO STYLE』刊行。96年、日本各地の奇妙な新興名所を訪ね歩く『珍日本紀行』の総集編『ROADSIDE JAPAN』により第23回木村伊兵衛賞を受賞。 97年〜01年『ストリート・デザイン・ファイル』(全20巻)。インテリア取材集大成『賃貸宇宙』。04年『珍世界紀行ヨーロッパ編』、06年『夜露死苦現代詩』、『バブルの肖像』、07年『巡礼』、08年『だれも買わない本は、だれかが買わなきゃならないんだ』、10年『天国は水割りの味がする~東京スナック魅酒乱~』など著書多数。現在も日本および世界のロードサイドを巡る取材を続行中。






400.png