都築響一 妄想芸術劇場 第二十回

000

tuzukirogo.gif



写真が瞬間芸だとすれば、イラストは独演会だ。

観客ゼロの高座で2時間、汗みどろで語りつづける脳内の発情ランドスケープだ。

写真ページの添え物とさげずまれ、アートともイラストレーションとも漫画とも

認知されないまま、ひっそりと増殖する陰花植物。

欲情の、淫夢の、妄想のもっとも純粋なあらわれとしての、マイクロ・ニルヴァーナ!






# 2 0 ア ポ ロ 2


先週に続いて送る超ベテラン・投稿イラスト職人「アポロ」。その、艶笑漫画と呼びたいアナクロなひとコマ・ワールド。それを20年間近くにわたって作りつづけ、送りつづけてきた持続力は、驚異的としか言いようがない。


1990年代から現在にいたるまで、まったく変わることのない画風とクオリティとユーモア感覚を発揮しつづけるアポロ。いったいどんな人物なのだろうか。作品を見れば見るほど、募る興味を抑えることができないのである。







アホ゜ロ067.jpg




アホ゜ロ068.jpg




アホ゜ロ069.jpg




アホ゜ロ070.jpg

★ある女優の体験



アホ゜ロ072.jpg

★モーむねがダンスでゆれまくってるぜ! 二人とも!



アホ゜ロ074.jpg




アホ゜ロ075.jpg

★スタイルばつぐんの新井(結婚後は小島の名に)選手! 顔もメチャかわいい! でも、オリンピックに行けないのと、ちがうかな?



アホ゜ロ077.jpg




アホ゜ロ078.jpg




アホ゜ロ079.jpg




アホ゜ロ080.jpg

※フジテレビ、新ニュース番組だそうです…が、クリステル…イヤだろうな。



アホ゜ロ082.jpg




アホ゜ロ083.jpg




アホ゜ロ084.jpg




アホ゜ロ085.jpg




アホ゜ロ086.jpg




アホ゜ロ087.jpg




アホ゜ロ088.jpg

★御電話しましたように、ゆいいつわが待ちでエロ本売ってる本屋が、つぶれましたので、イラストのったか? ボツか? かくにんのTELさしてもらいますが、よろしくおねがいします。



アホ゜ロ090.jpg




アホ゜ロ092.jpg

★東京の人は、おどろくけど、関西の朝日放送のころから、こっちでは「酒づき! 男づき!」で、根っからのイケイケ女ですからーモナは!



アホ゜ロ094.jpg

★アラフォー結婚後、ますますイイ体に…SEX年下の夫と、やりまくりかな?



アホ゜ロ096.jpg




アホ゜ロ097.jpg





アホ゜ロ098.jpg

●かわいそうに…



アホ゜ロ100.jpg




アホ゜ロ102.jpg




アホ゜ロ103.jpg

★「アンアン」か「ノンノン」あたりで、ヨコからのポーズで、ハラボテヌード出しそう! アメリカ女優ぶって!



アホ゜ロ105.jpg




アホ゜ロ106.jpg




アホ゜ロ107.jpg

★野田先生と佐藤先生、政界熟女アイドル! 写真集でも出せば、よっぽど沢田亜矢子よりはるかに売れて、政治資金になるのに!



アホ゜ロ109.jpg

30歳、イヤがってたのに、カオル姫、女って結局は金のためなら脱ぐんですね! でも、あのカチンカチンの体は少しひく…よっぽど40代の益子さんに脱いでほしい! 12歳年下の夫とSEXで、イイラれごろですよ!



アホ゜ロ111.jpg




アホ゜ロ112.jpg




アホ゜ロ113.jpg




アホ゜ロ114.jpg




アホ゜ロ115.jpg




アホ゜ロ116.jpg




アホ゜ロ117.jpg

60歳にして、映画でオールヌード…や~る! ひし美ゆり子



アホ゜ロ119.jpg




アホ゜ロ121.jpg

※実は彼女、長身で、藤原紀香におとらずナイスボディのもちねし! それが、50代あの若さ、体もムチムチ、SEXも、はまるの、もうそらしちゃいます。







 


都築響一
1956年、東京生まれ。現代美術、建築、写真、デザインなどの分野で執筆活動、書籍編集。93年、東京人のリアルな暮らしを捉えた『TOKYO STYLE』刊行。96年、日本各地の奇妙な新興名所を訪ね歩く『珍日本紀行』の総集編『ROADSIDE JAPAN』により第23回木村伊兵衛賞を受賞。 97年?01年『ストリート・デザイン・ファイル』(全20巻)。インテリア取材集大成『賃貸宇宙』。04年『珍世界紀行ヨーロッパ編』、06年『夜露死苦現代詩』、『バブルの肖像』、07年『巡礼』、08年『だれも買わない本は、だれかが買わなきゃならないんだ』、10年『天国は水割りの味がする~東京スナック魅酒乱~』など著書多数。現在も日本および世界のロードサイドを巡る取材を続行中。