都築響一 妄想芸術劇場 第二十九回

000

tuzukirogo.gif



写真が瞬間芸だとすれば、イラストは独演会だ。

観客ゼロの高座で2時間、汗みどろで語りつづける脳内の発情ランドスケープだ。

写真ページの添え物とさげずまれ、アートともイラストレーションとも漫画とも

認知されないまま、ひっそりと増殖する陰花植物。

欲情の、淫夢の、妄想のもっとも純粋なあらわれとしての、マイクロ・ニルヴァーナ!






# 2 9 暗藻ナイト



ニャン2には何人もの名物投稿イラスト職人が存在するが、今週ご紹介する「暗藻ナイト」も、ニャン2の長い読者にはおなじみの名前である。


暗藻ナイトの描く世界はSMとスカトロのミックスなのだが、なにより特筆すべきはその圧倒的な画力である。画面の構成、表情の迫力、縄の結び目までおろそかにすることのないディテールへのこだわり、そしてマグマのように噴出する黄金色のウンコ・・・。「玄人はだし」という言葉では物足りない、まさしくプロのレベルのイラストレーションである。


暗藻ナイトは、実は同人誌の世界ではかなり知られた存在だ。それも「女王様とM男」というピンポイントなジャンルで。もともとSM雑誌に投稿していたのが、いつのころからか同人誌を発表するようになり、そのクオリティがマニアたちに認められて、ついには『コミックマゾ』(スター出版刊)などのマニア向け商業誌にまで特集が組まれるようになった。


現在でも彼の作品を追いかけるマニアは多いようで、ネット検索でも暗藻ナイトに触れたサイトや、過去の作品をダウンロードできるサイトが多数ヒットする。日本の「HENTAI MANGA」をダウンロードできる海外サイトにも、暗藻ナイト作品がいくつも存在するから、その人気は国際的なレベルに達している。


こうしたマニアに圧倒的に支持される暗藻ナイトとは、徹底して「女王様に容赦なく虐められるM男」を描く暗藻ナイトだった。しかしニャン2にこれまで送られてきた、暗藻ナイトの作品に登場するのは、男たちに辱めを受けながら絶頂に達してしまうM女ばかりである。これはどういうことなのだろう。人間の中にはかならずS性とM性があるのかもしれないが、それにしてもこれだけ極端な振れかたは、ただごとではない。できることならば、作家本人にいちどうかがってみたいものだ。





01.jpg




02.jpg




03.jpg




04.jpg




05.jpg




06.jpg




07.jpg




08.jpg




09.jpg




10.jpg




11.jpg




12.jpg




13.jpg




14.jpg




15.jpg




16.jpg




17.jpg




18.jpg




19.jpg




20.jpg




21.jpg




22.jpg



23.jpg




24.jpg




25.jpg




26.jpg




27.jpg




28.jpg




29.jpg




30.jpg




31.jpg




32.jpg




33.jpg




34.jpg




35.jpg




36.jpg




37.jpg




38.jpg




39.jpg




40.jpg




41.jpg




42.jpg







都築響一
1956年、東京生まれ。現代美術、建築、写真、デザインなどの分野で執筆活動、書籍編集。93年、東京人のリアルな暮らしを捉えた『TOKYO STYLE』刊行。96年、日本各地の奇妙な新興名所を訪ね歩く『珍日本紀行』の総集編『ROADSIDE JAPAN』により第23回木村伊兵衛賞を受賞。 97年〜01年『ストリート・デザイン・ファイル』(全20巻)。インテリア取材集大成『賃貸宇宙』。04年『珍世界紀行ヨーロッパ編』、06年『夜露死苦現代詩』、『バブルの肖像』、07年『巡礼』、08年『だれも買わない本は、だれかが買わなきゃならないんだ』、10年『天国は水割りの味がする~東京スナック魅酒乱~』など著書多数。現在も日本および世界のロードサイドを巡る取材を続行中。






400.png