角川慶子対談 艶 × 愛田武

000

aida.jpg



角川慶子対談 艶 #02

愛田武 × 角川慶子

昔は逆さまにして風呂に入れたりしてたけど(笑)

構成/編集部



(2010年2月/東京某所にて)


 その日の対談は、歌舞伎町内に複数点在する愛田観光系列店の中心、クラブ愛本店にて行われた。過剰なまでの装飾、極彩色の照明、これまでブラウン管越しにしか見たことがなかった店内の風景は、まさしく夜の楽園と呼ぶに相応しい非日常的な空間といった様相である。とはいえ、「欲望うずめく」といった形容詞で表されるようなドロつきというのはなく、どこか爽やか。客席の一つに座り、物珍しそうにきょろきょろと辺りを見回していると、やがて満面の笑みを浮かべた「伝説」が、愛田観光広報担当の大久氏を携えて姿を現した?



愛田(以下、愛) いやぁ?、どうもどうも、宜しくお願いします。

角川(以下、K) こちらこそ宜しくお願いします。

大久(以下、大) 社長、今日は幸せそうですねぇ。

 だって、ほとんどお孫さんだものぉ?。娘じゃなく孫なんだもの。

K いえいえ、年齢的には娘ですよぉ(笑)

 私の娘よりずっと下だよねぇ?

 マリちゃんよりですか?

 いや、ミキ。あの千葉の方の。20いくつだっけかな…。

K えー、私の方がすごい上ですよぉ。だって子供いますもん、私。

 いや、子供一人ぐらいなんてことないでしょう(笑)

 でもまだ20代でしょ?

K ううん、違う(笑)

 ええ!? そうなの?

K 全然違いますよ。36です(笑)

愛&大 えええええええ!

 それは見えないわ、美人だから(笑)

K ありがとうございます(笑) じゃあ、早速お話聞いていきたいんですけど、愛田さんが歌舞伎町でホ
ストクラブを始めてもう40年になるじゃないですか。ここまで潰さずにきたっていうのは、やはりなんか特別なテクニックがあったりするんですか?

 テクニックというよりね、やっぱりこれは営業だから。女性を好きじゃなきゃできないし、それに容姿端麗な子を揃えなきゃダメだしね。

K やっぱイケメンじゃないとダメなんですね。

 顔はないとねぇ。最近は光(ひかる)が戻ってきたね。

K ああ、あの有名な。

 あれが戻ってきてテレビ取材もすごい来たからね。でも、今は1時に店閉めなきゃいけないのよ。

K 今はそうですよね。

 石原慎太郎が“親子で来れる町づくり”とか言って。歌舞伎町なんか親子で来なくていいってのよぉ。歓楽街ですもんねぇ。

K そうですよねぇ。

 これが原因でね、銀座のクラブなんかも同じでしょ。せめて3時ぐらいまで認めてくれればいんだけどねぇ。

K 光さんの売上げとかってどうなんですか?

 ああ、ありゃダントツだねぇ。まぁ4、500万は稼いでくわね、月に。

K 逆に人気のない子っていうのはどれくらいなんです?

 そりゃ、もう5000円からだから。今はうち一部が60人近くいるんですよ。で、二部が30人、合計90人近くいるわけですよ。お客さんは一日に30組ぐらい入ればいい方ですから。となると、ヘルプがあるとはいえ50人ぐらいは遊ばせとくわけになる。それが大変…、あ、どうぞどうぞ(同行した編集のグラスにビールを注ぐ)。

 すいません、ありがとうございます。

 社長は今はビール飲まないんですよね。

 今はね、ビールはやめて焼酎。まぁ、リラックスしてって下さい。

 どんどん飲んで頂いて(笑)

 恐縮です(笑)

 (話戻って)まぁ?、だからホストクラブ、今はほんと大変。

K どんどん潰れていってますよね。

 うん。前は歌舞伎町に100軒くらいあったのがねぇ。まぁそれでもまだ50軒くらいはあるけども。それに今はパブみたいなものもあるしね。

K ボーイズバーみたいなね。

 そうそう、それがまた2、30軒できてるしょ。そういう小さいとこは朝まで営業してられるんだけど…、うちはね。

K 完全に目をつけられてる?

 うちを取り締まれば他のとこも反省するだろうって考えだろうけど、実際は逆なのよ。他の店は喜んでんの。前にニヶ月営業停止食らったことあったけど、うちじゃなきゃ二ヶ月も停止食らったらお店再開できないよ。

K そん時はなんで停止食らったの?

 時間外よぉ。

K あぁ、朝まで営業しちゃって?

 ううん、違う違う。その時はね、夜中の2時頃までやってたわけ。そしたら2時ちょっと前くらいの時間に警察に入られて。それで二ヶ月よ。きびしーの。だから、今はもうびっちり守ってる。

K でも、そうなっちゃうとホストの子の稼ぎも減りますよね。

 そう、それで20歳過ぎで働ける子達も働けないでしょ…。まぁ、石原の話をあんま悪く言うとね、煽りくるからね(笑)

K 売れるホストの子っていうのはどういう子なんです? さっき顔が重要って言ってたけど、身長とかも関係があったりするんですか?

 身長も今は多少は関係あるね。背高い子は目を引くしね。まぁ、プレイボーイの要素を持っていなきゃね。

K 色気、ですかね?

 男の色気がないとね。

K 所詮、女性はお金を出すことに関してシビアですから。相当魅力のある男じゃないとね。

 そうそう。まぁ、あとね、私もホストを3年やりましたが、私の同期や先輩で未だに現役ホストってのもいますから。そういうのはね、もう好きなのよ、水商売が。

K 60とかになってもですか?

 60じゃない、その人は72よ(笑)

K かっこいい! 72になってもお金払いたくなる男性であるってステキですよね。

 でも、そうなると落ち着いたお客さんがやっぱりついてますもんね。

K 人気さえあれば定年はない仕事なんですね。

 そうそう、定年ってのはない。まぁ他所だと30歳くらいまでとかだけどね。

 募集自体が28歳までってところが多いですから。30歳以上となると内勤とかになる。うちぐらい
じゃないのかな、定年がないのは。

K 接客業が好きなんですね、そういう方は。

 そうだろうねぇ。まぁ、辞めたところで今更他に就職もないでしょ(笑)

K 愛田さん自身も人気ホストだったわけじゃないですか。

 いやいや。まぁ、当時はね。お客さんも随分いたけどね。

K 何を努力されてました?

 私の場合はね、ブレーンを大事にしてましたから。

K ああ、男性スタッフをね。

 常に7、8人くらいのグループを持っとくの。だからナンバー1って言ったってね、自分の力だけでナンバー1っていうのじゃないのよ。やっぱりねぇ、例えばナイト東京(当時日本最大といわれたホストクラブ)なんて当時130人もいたんですよ。

K そんなにいたんですね。

 うん。そこで辞めるまでに3回ナンバー1やったけど、それもブレーンのおかげ。

K なるほどねぇ。

 そう、あと当時はボーイが店に15人、20人くらいはいたわけ。だからボーイなんかにもゴマすって(指をこすりながら)。まぁ、そう言う根回しが、ナンバー1に繋がるわけですよね。まぁ、それをしないなら、顔がとにかくいいとか、背が高いとか、口がべらぼうにうまいとかってことじゃないと。

K そう言えば、今って枕営業禁止のホストクラブが結構多いじゃないですか それって愛田さん的にはどう思います?

愛 まぁ、それは個々の問題だからね。それにやっぱし店が禁止しようがね…。

K お客さんは求めてきますもんね。

 そう、求めてきたところを遠慮しちゃってたら、ヘルプに取られちゃうからね(笑)

K 愛田さんはそういう遠慮は一度も? 

 あーはっはっはっは。

K (笑)。やっぱしセックスで惹き付けるのも仕事の内なんですかね?

 それもそうよね。女の人がお金を使ってきてるわけだからね。よっぽど嫌だとかでもない限りね。それに女の人ってのはどっかいいとこあるのよ。私なんかついそれを探してしまうんだけど、例えば、言っちゃ悪いけど顔がちょっとアレだなと思えば、性格がいいとか、肉体がいいとか、心がいいとか、色々あるわけ。どっか一つはいいとこある。そういうことを分かってればね、5人でも10人でも20人でもね、身近になれるわけ。

K さすがですねぇ。

 ホストってのは特殊な世界だから、なんのアレ(経歴)もなくて、いきなりやって来て大金を稼ぐわけですからね。それこそ、城咲君(テレビでお馴染み元ホストのタレント。「クラブ愛」において5年間No.1ホストを務め、カリスマホストと呼ばれた)なんかもそうだったし。

K 皆さん、上がり方がキレイですよね。

 それはもう厳しく躾けてるから。1度、トイレに行ってもらえば分かるけど。

K 遅刻、無断欠勤は絶対ダメとか標語みたいな感じで書いてありますよね。

 あれ見るとおしっこ出なくなっちゃいますよ(笑)

次を読む>>