角川慶子対談 艶 × 辛酸なめ子

000

nameko.jpg



角川慶子対談 艶 #03

辛酸なめ子 × 角川慶子

私、前世で集団レイプされていたらしいんです

構成/編集部


山椒は小粒でもピリリと辛い。

ピリリ…、いや、こと辛酸なめ子にいたっては、同じく小粒ではあっても、それはピリリと仄かに舌を刺激する山椒と言うより、ビリビリと苛烈に舌を痙攣させるハバネロの種である。

三十代後半、独身。いまだ未婚のその原因は、凄絶な前世か、頼もしいマンションか、あるいはもっと根本的な人格の問題か…。

かなたこなたに矛先を変えて繰り出される“ガーリーな毒”は、どうやら、なおも健在のようだ。




(2010年8月/新橋駅前カラオケ店にて)




角川 なめ子さんって連載とか読んでいると“30代・独身女・負け犬”みたいなキャラだったりするじゃないですか、でも私は個人的になめ子さんって実のところ凄い幸せなんじゃないかなとか思ってたりしてたんですけど…、そこらへんどうですか?

辛酸 えぇっと…、そんなに負け犬感は出してないはずなんですけど…、でもテレビに出た時とかに「婚活女性の最後の切り札」みたいなあだ名つけられたりとかありました。

角川 なめ子さんは頭いいし、可愛いし、負け犬とかってピンとこないですよね。

辛酸 そんな、とんでもない。男性の方ってクリエイティヴ系の女性がもともと好きじゃないっていうイメージがあって、そういう意味でも全然モテないのかもしれないですね。執筆とか創作活動をしてる女性は、男性から見ると自分より広い世界に生きているというか、対人関係の広さとかもそうですし…、一般的に男性はそういう女性をあまり好きじゃないというか、苦手に思ってる人が多い気がするんです。

角川 あと、あれもあるかも。私も結婚する前に自分でマンションを買ったんですけど、なめ子さんも自分で買ってらっしゃるじゃないですか。

辛酸 あぁ、はい。

角川 そういうの買ってしまうと男が寄り付かなかったりとか、そういうのってありそうですよね。

辛酸 ありますねぇ。最初のマンションは本当に格安の狭いマンションで、場所も北向きで駅から歩いて20分とかであんまり好条件のマンションじゃなかったんで居心地もそんなに良くなかったんですけど、今はそれよりは少し広くなって駅からも近くなったんで、そうなってくると本当にマンションの方が男性より全然頼りがいがあるというか…。

角川 (笑)

辛酸 自分をさらけだせるし、なんかすごい落ち着く…、だからそういう意味でも結婚しづらくなるっていうのはあると思うんですよねぇ。相手とすんごく汚いとこで一緒に住むよりかは…

角川 一人で悠々自適な生活を送った方が?

辛酸 快適ですよねぇ。男性って身体が割に大きいから部屋の物とか落としたり倒したりしそうですし…。

角川 粗忽ですよね、男は。私の婿はM男なんですけど、まぁ婿だし裸一つでレオパレス状態でうちに来たわけですよ。だからいくらでも仕込み甲斐があったけど(笑)。

辛酸 じゃあ本当に従順な?

角川 洗濯物たたんどいてって言えば、ちゃんとたたんでるみたいなね。

辛酸 へぇ、いいですねぇ。

角川 前の旦那は凄い背が高かったんですけど、今の旦那は全然高くないんですよ。で、思ったんですけど、結婚生活ってずっと座ってばっかなんで背は関係ないなと。むしろ小柄の男性の方が部屋の中が散らかりづらい感じする。

辛酸 そうですよね、圧迫感もなさそうですし。

角川 昔は長身の男が好きだったんですけど、一緒に住むと関係なくなりますね。

辛酸 長身の男性のなんか素直なところもいいんですけどね。背が低い男性だとコンプレックスからか意地が悪くなったりしがちですよね。

角川 あぁ、確かにコンプレックスない方がストレートですよね、嫌味がないから。逆にコンプレックスが仕事とかに活かされてればいいんですけどね。

辛酸 そうですねぇ。けっこう会社の社長さんとか、一代で財を成した人とかって小さい人が多いとか聞きますよね。

角川 そういえば、以前に心理学者の方を取材した時に、美人の方が僻みがないから性格がいいんだって話をしてました。

辛酸 そういうのってありますよね。

角川 それは男性にも通じているのかもね。

辛酸 私の男性不信的な部分について言えば、最近、仕事もあって色々なスピリチュアルカウンセラーの方にお会いしてるんですけど、それで私の衝撃的な前世が出てきたんです。

角川 なんですか?

辛酸 私、前世で集団レイプされていたらしいんです。多分それを引きずっているんだろうなと。

角川 男性が怖い?

辛酸 中高と女子校だったんで、やっぱり卒業してからしばらくは集団で歩いているような男性が怖くて…。まぁ大学は美大だったんですけど、男性もいっぱいいて、それも結構かっこいい男の人たちだったんですけど、彼らが群れていると恐怖感を感じてましたね。

角川 それは前世からの因縁だったんですね(笑)

②.jpg辛酸 そう、なんか「あなたが前世で足を引きずっている姿が見えます」とかも言われて(笑)

角川 最近、私もちょっとあったんですけど、あいはら友子さんっていらっしゃるじゃないですか。

辛酸 あぁ、『サイゾー』とかで連載されてますよね。

角川 そうそう。私、ちょっと前まで「Kei-Tee」ってペンネームで活動してたんですけど、あの人に本名の角川慶子で活動した方が成功するって言われて…。

辛酸 あ、そうだったんですか。それで、Kei-Teeさんじゃなくなったんですね。

角川 そうなんです。そうすれば原稿の修正とか受けなくなるって言われて(笑)

辛酸 へぇ、あいはらさんはやっぱ当たります?

角川 あぁ、パワーみたいなのは感じましたねぇ。あの人ってすごい面白い方で、うちの父親が付き合ってる女とかも霊視しはじめて、「絶対だめ。この女は破壊の星をもってる」とか言って(笑)

辛酸 (笑)

角川 やっぱり前世とかが色々と関係してるんですかねぇ。

辛酸 私はなんとか浄化はしてもらったんですけど…、これでちょっとでも男性に愛想よくできるかなって思って。

次を読む>>




400.png