コイトゥス再考 Kダブシャイン

000

kdub.jpg



コイトゥス再考 #04

Kダブシャイン 

エロの時代の終りに

文/辻陽介


キングギドラの「スタア誕生」を初めて聴いた時の衝撃を今でも鮮明に覚えている。

ジャパニーズラップの様式が確立される以前、日本語でラップする事それ自体がまだ挑戦であり、ラッパー達が「韻を踏む」ことすらままならなかった時代、渋谷生まれの各務貢太が韻と韻で鮮やかに紡ぎ出してみせたその叙情的な物語は、「日本語でもこんなラップができるんだ」という新鮮な驚きとともに、シーンに強烈な一石を投じた。

ストーリーテラー、時に賞賛の意を込め、時に揶揄の意を込め口ずさまれるその称号は、耳障りのよい言葉を羅列しただけのリリックを排し、シニフィアンの遊戯の域を逸していなかった日本語ラップを、それ以上のものに引き上げた功績の証。“渋谷のドン”の異名は誇張じゃない。いや、ジャパニーズヒップホップのドンと言っても差し支えないだろう。

韻を踏む思想家、Kダブシャイン a.k.a ビッグコッタ が初めて語る性愛論。氏いわく「エロの時代じゃなくなった」現代における、さしづめ“反時代的考察”を、ロングインタビューでお届けします。



(2011年/3月/恵比寿にて)


ー現代のエロ及び性を考察することをテーマとする本欄。今回は“渋谷のドン”ことKダブシャイン氏にお越し頂いたわけですが、Kダブさんは、現代の性、あるいはジェンダーの在り方について何か感じていることはあります?

Kダブシャイン
んー…、あまり他人の性生活の話をよく聞いてる方じゃないけど…、俺が若い頃、昭和の末期当時の女性っていうのは、性的なものなのか文化的なものなのかは分からないけど、男から来てくれるのを待つタイプが多くてね、それこそ卑怯な感じだったんだよ。押し倒されるのを待って、既成事実を作った上で「私はあなたの女よ」みたいな無言のプレッシャーを与える、そういう女性が多かった気がする。今は逆になってるよね。「逆ナン」なんて言葉があるけど、今じゃ女から男をナンパするのが当たり前だから「逆」でもなんでもないっていうかさ。

ーすでに言葉として成立してないみたいな?

Kダブシャイン
ナンパは男だけがするものじゃないでしょ、もはや。だからずっと「逆ナン」って言葉には違和感を感じてた。今では全然アグレッシブじゃん、むこうの方が。

ーそれはKダブさんの皮膚感覚としても?

Kダブシャイン
まぁなんだろうなぁ。節度がなくなったんじゃないんですか、女性に。社会に進出した分さ。

ー貞操観念の欠落ですか。

Kダブシャイン
年増の女とかが若い男見て「いいよね」なんつってね、それこそ漁るような女もいるだろうし。女性が男性化してるのかなって気はするよね。まぁ社会に進出すれば、プレゼン能力であったり、責任能力であったりが問われていくわけで、女の人も男らしく振る舞うじゃないですか。そういうとこから男性的になってくんじゃないかな。

ーひと昔前のキャリアウーマン的な女性像がいまや一般化している感はありますね。

Kダブシャイン
ただ、いわゆるおとなしい女の子みたいなのは、サイレントマジョリティとして昔から変わらずにいるのかなとも思う。「待ってる」が基本の女性たちがね。

ーなるほど、表面では肉食系女子が取りざたされているけれども。

Kダブシャイン
さっき言ったような無言のプレッシャーみたいなものを今でも有効に使ってる女はいっぱいいるんじゃないかなって気がするなぁ。

ーKダブさん個人としては女性の変化についてどういう価値判断をなされてます?

Kダブシャイン
んー…、もっかい高校生ぐらいからやり直せるんだったら面白いことになるんじゃないのとは思うけど…、リスクもあるよね。明らかに昔に較べて女子高生や若い子の性病確率も増えてるわけでしょ。

ーそうですね。

Kダブシャイン
まぁヨーロッパやアメリカとかではすでにそうなっているんであろうし、日本も然るべき方向に進んでいくんじゃないですか? 俺は女の人が社会に出てきて、公的な仕事をして、重要な責務を担ったりするというのは、今が人類史上初めてじゃないかって思っているんですよね。100年前、200年前、500年前、それ以前から、ずっと男性中心の社会があったわけじゃないですか。今もまだ男性中心ではあるんだろうけど、今では女性がある程度は社会参入できるようになってる。イコール女性の権利や自由がクローズアップされる。男が持っているものは自分らも持ってて当たり前って気風が自然に高まっていったんじゃないかな。エロ云々とかじゃないと思う。自己認識、自己主張の在り方の問題だよ。

ーそれはそうでしょうね。

Kダブシャイン
ダムが決壊した、今がそのタイミング。特に日本は宗教的な節度みたいなものがそれほど強くはないからさ。もともと恥の文化みたいなものはあったけども、それは失われていってるし。そうなると何に照らし合わせて生きていくべきか分からなくなる。自分を律するものが今のこの国にはないからね。

ー基本的に無宗教ですからね。

Kダブシャイン
10代の子がグラビアで足開いたりなんてことがOKっていうのも、それゆえだとは思うよ。

ー宗教を欠いている、ゆえに道徳や節度のよすががない、この状態の是非を問うなら?

Kダブシャイン
んー、まぁ色々と社会を押し進めていく上では宗教はやっぱりあった方がいいんじゃないの? 別に一神教である必要はないと思うけど、自分たちを超えた力のようなものへの信仰は、自分を律するものとして利用する上ではありなんじゃないかな。

ーなるほど。

Kダブシャイン
例えばアメリカ人だっていまだに多くの人間が「ジーザスクライスト」って祈りを捧げてる。普通に文明的な生活をしながらも、よりどころとしてキリスト教があるから、それを裏切る行為はしないというモラルが成立する。日本の場合はさっきも言った恥の文化、あるいは「お天道様が見ている」っていう感覚なりが以前はあったんだけど、そういうものが今は無くなってるでしょ。これが諸々の原因だよ。

ーそういう意味では欧米各国よりインモラルに走りやすい国なのかもしれないですね。

Kダブシャイン
まぁさ、性風俗とかの文化に関しては、もともと日本は江戸時代のころから華やかではあっただろうし…、ただそれが今みたいに全国的にっていう話じゃなかったとは思うんだよね。どの街にいってもテレクラ通いしてる主婦がいるとかさ。まぁ、もともと日本は性については割とおおらかだったんじゃないのかな、とは思うけどね。だから然るべきとこなんじゃない? 男も女も変態じみていて、淫乱なところがあるのはね。そういうDNAなんじゃないのかな。

次を読む>>



400.png