【VOBO】常にタブーを踏み越え、時代を突き抜けてきたスーパーリアルの巨匠・空山基

000

(フォト1)work1.jpg



常にタブーを踏み越え、時代を突き抜けてきた
スーパーリアルの巨匠・空山基

Stussy Guest Artist Series “HAJIME SORAYAMA“ Exhibition / Japon
Erotica《la nouvelle generation》Vol.2

文/ケロッピー前田




 近年、空山基の幅広い活動がますます際立っている。もはや説明不要の日本のイラストレーションの大御所であり、スーパーリアルの巨匠とも呼ばれるが、それでもなお、さらなる領域へと突き進む推進力には圧倒されるばかりだ。


「クリエイティブって、びっくりさせることでしょう。そのためには常にタブーを超えていかないとね」


 そう、空山が語る通り、ネオ・ジャポニズムという春画にインスパイアされた近作シリーズは、和と洋、過去と未来が交差する斬新な作風で話題となった。また、先頃、ヴァニラ画廊では、ひと世代下の人気イラストレーター、Rockin'Jelly Bean、寺田克也を交えた3人展を開催して、若い観客を多く集め、さらなる支持を広げている。もちろん、「セクシーロボット」シリーズで確立した金属と肉体の融合の美学、驚異的な描写力で生み出されるメタリックな女体のエロティシズムは、世界中から熱狂的な人気を集めている。


 そして、今回、服飾ブランドSTUSSY JAPANとのコラボレーションによって、空山ワールドの原点に立ち返ったメタリックなエロティシズムと、STUSSYのアイコンが融合した新作が、スクリーンプリントTシャツという形で発表されることになった。それを記念して、5月31日からNANZUKAキュレーションによる「Stussy Guest Artist Series “HAJIME SORAYAMA“ Exhibition」が開催される。空山調にメタリック化されたStussy × SORAYAMAのロゴを観るだけでも、期待感が高まる。ソニーのエンターテインメントロボットAIBOのデザインで、グッドデザイン賞グランプリ(1999年)受賞した空山ならではの未来を先取りした美意識は、時間を経るほどにタイムレスな輝きを持って、我々を魅了するのだ。この展示会では、過去約40年のキャリアの中から、厳選された初期作品を中心に、初代AIBOやディズニーとのコラボ作品TOMY FUTURE MICHEYなども展示される。


 一方、海外に目を転じれば、5月22日より、フランス・パリのエロティック・ミュージアムにて、ヴァニラ画廊のキュレーションによる「現代日本のエロティックアート展vol.2」が始まっている。このミュージアムは、モンマルトル地区にあるパリ市公認のエロティックアートの専門美術館で、常設フロアには世界中から集められたコレクションが常時二千点以上展示されている。今回の「現代日本のエロティックアート展」は、同会場では08年に続き、二回目となるもので、参加作家は、空山基を始め32人、作品点数170点、ミュージアムの3階から5階までの3フロアを展示会場とする大規模なもの。日本に脈々と受け継がれ、さらなる進化を遂げてきたエロティック文化が、パリの人々にどう受けとめられるのか、その反応は楽しみである。


 未来と過去、世界と日本を繋ぐ、抜群のテクニックと独創的なモチーフを開拓してきた空山基。今後ますます国際舞台で活躍できる日本人アーティストが求められる時代だからこそ、写実性を武器に多角的な視点から創作領域を拡張し続けるバイタリティに、若い作家やファンも大いに刺激されるのだ。常にタブーを踏み越え、時代を突き抜けてきたその作品群を刮目せよ!







(フォト1)work1.jpg



Stussy Guest Artist Series “HAJIME SORAYAMA“ Exhibition Curated by NANZUKA


会期:5月31日(土)~6月15日(日)
会場:STUSSY HARAJUKU CHAPTER 2F (東京都神宮前4-28-2)
http://stussy.jp/chapt/
?時間:12:00~18:00
電話:03-3479-6432








空山 基
(1947年~)




(フォトB)SORAYAMA02.jpg



1969年、中央美術学園卒業。広告代理店勤務を経て、1972年よりフリーのイラストレーターとして独立。1978年、「セクシーロボット」シリーズがきっかけとなって、世界的な知名度を得る。1999年、ソニーのエンターテインメントロボAIBOで、経済産業省のグッドデザイン賞グランプリ、文化庁メディア芸術祭グランプリを受賞。2001年、初代AIBOが、スミソニアン博物館とニューヨーク近代美術館のパーマネントコレクションとして所蔵された。同年、エアロスミスのアルバム「Just Push Play」のアートワークを手掛けた。また、ハリウッド映画の「Brain Dead」(1992)、「Timecop」(1994)、「Space Trucker」(1995)などともコラボレーションしている。最近の活動としては、AISHONANZUKA, 香港(2013)、Gering and Lopez Gallery, NY(2012)、NANZUKA UNDERGROUND, 東京(2010)、Bape Gallery, 東京(2002)などがある。







(フォト2)cu0891a.jpg


Bikini Girl Tee, Swimsuit Robot Tee, Chair Robot, Space Robot Tee
\6,000+tax

?“HAJIME SORAYAMA“ Exhibition会場のみでの取り扱いとなるリミテッドエディション。





空山基 ? Sorayama Official Site ?
http://www.sorayama.com/

NANZUKA
http://nug.jp/jp/top/

http://stussy.jp/blog/2014/05/14/stussy-guest-artist-series-“hajime-sorayama”-exhibition/





(フォト3)5fa21cd9e0d2531a2f1dfdffbab46f70_XL.jpg

「現代日本のエロティックアート展Vol,2」
(パリ・エロティック・ミュージアム) by ヴァニラ画廊
Japon Erotica《la nouvelle generation》Vol.2
(Musee de lerotisme : Paris-Montmartre) Curated by Vanilla Gallery

会期:5月22日(木)~11月初頭
会場:エロティック・ミュージアム
(Musee de lerotisme : Paris-Montmartre) 72 boulevard de Clichy 75018 PARIS
http://www.musee-erotisme.com
時間:10:00 ~ 深夜2:00(年中無休)

出品作家:朝倉景龍/荒井良/稲垣征次/沖渉二/笠間しろう/カネオヤサチコ/鏡堂みやび/クロダミサト/小宮山逢邦/小山哲生/Saeborg(サエボーグ)/沙村広明/真珠子/須川まきこ/空山基/多賀新/田亀源五郎/たま/所伸一/中田柾志/野口由里子/林良文/春川ナミオ/泥方陽菜/ぴんから体操/福山フキオ/前田寿安/水元正也/宮西計三/室井亜砂二/森馨/山下昇平

ヴァニラ画廊
http://www.vanilla-gallery.com/archives/2014/musee.html





ケロッピー前田
身体改造ジャーナリスト、世界のアンダーグラウンドシーンの生き証人
http://keroppymaeda.com/





   sitelogo-2.png